西宮駅前梅岡耳鼻咽喉科クリニック
パソコン予約
アクセス
携帯サイト
採用情報
睡眠時無呼吸症候群専用サイト
レーザー治療
メディア掲載
院長ブログ
facebook

初めての患者様へお伝えしたいこと

初めての患者様へお伝えしたいこと

医師としての道は様々な素晴らしい出会いを私に下さり、ここまで来れました。
感謝・感謝・感謝・・

この道程は両親を始めとして周囲の協力なしには決して成し得なかったことでした。

私のこれまでの物語を紡ぎだすことが、当クリニックの理念・方針を理解していただける最上の方法と考え、これまでの経歴をお話しさせてください。

プロ野球選手になる!と信じて疑わなかった少年時代

患者様へ今では耳鼻科医として日々診療を行っていますが、小さい頃の将来像の中には医者の「い」の字もありませんでした。つくし採りや缶けりで夢中でした。家族で週末は白浜や玉造によく温泉旅行にいきました。昆虫遊びや将棋が大好きで、また明けても暮れても野球ばかりしている毎日。勉強もそっちのけで、「将来自分はプロ野球選手になって阪神タイガースでプレイするんだ!」ということを真剣に考えていました。
中学では4番でキャッチャー。もともと正義感が強く、人のためになることは性格的に好きだったので、とても充実していた事を覚えています。

貧乏旅行で決意を新たにした医学生時代

そんな少年時代はあっという間に過ぎ去り、気が付けば高校生。高校時代はアメリカ、カナダといった海外に行く機会を得て、英語を話すことが楽しくなりました。英語が得意になりましたが、理系を選択。ラジコンカーから派生して機械工学が興味があり工学部を現役時に受験もみごとに失敗。現役で受かっていたらどんな人生になっていたことでしょう。ひとりひとりの人生には物語があります。
プロ野球選手という夢はかなわなかったものの、その後いつしか何か人を助けるような仕事をしたいと思うようになり、将来は医者になろうと決心しました。猛勉強の末、奈良県立医科大学に入学。医学部時代はバックパック1つだけ背負っていろいろな国を回りました。旅行といっても貧乏旅行。一泊数十円というような超が付くほどの安宿にばかり泊まっていました。タイ・カンボジアなどの後進国にも行きましたが、医療制度も確立されていないその現状に、とてもショックを受けました。国は違えど、自分は「日本の病気で困っている人たちのためにがんばろう!」と決意を新たにしました。

日本全国  南へ北へ・・・いろいろな経験を積んだ研修医・勤務医時代

大学卒業後は研修医として耳鼻科の他に麻酔科、救急科などで経験を積みました。
救急科では事故にあった患者さん、急性アルコール中毒の患者さん、自殺を図った患者さん・・・。様々な理由で昼夜問わず患者さんが搬送されてきます。もちろん私が寝ていようがなんだろうが患者さんは待ってくれません。この頃は常に睡眠不足だったことを覚えています。
研修医を終えてからは大分の甲状腺疾患専門病院の別府野口病院や北海道の耳鼻科専門病院である札幌麻生病院で様々な経験を積みました。北海道・大分と環境も風土も違う土地で過ごした数年間の経験は今でも私にとって大きな財産です。

そして、今一度振り返ってみると・・・

小学生のときに昆虫遊びから将棋まで教えてくれた近くのお兄ちゃん“むねのり君”。
中学校と野球部での指導・厳しい練習
高校時代に英語で猛特訓していただいた千葉先生
予備校時代に一緒に医学部に行こうと誓った仲間たち
大学時代にテニス部で授かった友人関係
医局に入り、日々修練を頂く毎日。先生方から多大なるご協力をいただきました。

そして故郷・西宮にて開業する機会をいただいたこと

人と人は繋がり、コミュニケーションを通して心身共に安定して幸せな人生を歩めるものだと思います。その中で、しっかりと親身になれる医師になろうと決意しました。

ただ医師としての私の最大の責務

共感。

あそこに行ってよかった、元気になれた、頼りになれると言っていただくような医院にしたいと思っております。

最初治療を嫌がっていた子供が帰り際に笑顔で「ありがとう!」といって帰っていく。そんなごくありふれたやり取りが私の今の元気の源であり、医療人としての喜びを感じる瞬間です。耳鼻咽喉科は一人当たりの患者さんにかけられる時間が少なく、だからといって患者さんを長くお待たせする訳にもゆかず、それが我々にとっても大きなジレンマになっています。しかし私はなるべくご自身の症状について深く知ってもらいたい、そのように思っています。病気をよく知ることと、病気が早く快方へと向かうことは大きな相関があります。多くお越しいただく患者さんに、なるべくお待たせすることなく、なおかつ患者さんにより多くの情報をお届けする。これが私の目指す理想のスタイルです。耳鼻咽喉科医院の常識を良い意味で覆せるよう、スタッフにも協力してもらいながら少しずつ理想のスタイルに近づけてゆきたいと思います。まだまだ発展途上ではありますが、今後の梅岡耳鼻咽喉科クリニックにどうかご期待ください。

今私が大切にしている3つの事

開業医として日々診療を続ける中で、私には大切にしている「3つの事」があります。

1.患者さんにやさしい、丁寧な「診療」と「説明」
耳鼻咽喉科の診療ははな・みみ・のどといった患者様のデリケートな部分を扱う診療科目です。また、お子様の患者様も多く見えられます。だからこそ常に診療を丁寧に行うことを心がけています。
また、耳鼻科に行って治療は受けたものの、「何をされたのか良く分からないまま帰ってきた。。。」というのでは患者様にも不安が残ります。そのような無用な不安を患者様に抱かせないよう、症状や治療内容についてしっかりと説明を行っております。

2.明るく丁寧な対応
しっかりと病気を治すということは耳鼻科においては大前提ですが、患者様に対して丁寧に対応するということも非常に大切だと私は考えています。どれだけ診療が上手でも、乱雑に対応されたのでは患者様が元気に病院から帰ることが出来ません。院長の私、そして当院で働くスタッフが丁寧な接遇で患者様に対応させていただいております。

3.患者さんをお待たせしないための取り組み
「耳鼻科は待ち時間が長い所」というイメージをお持ちではないでしょうか?当院では電子カルテや再診患者様の順番予約制を導入するなど、少しでも待ち時間を減らすための取り組みを行っております。
また、待ち時間を無駄な時間にしないためにも、院内にてみみ・はな・のどの症状や治療方法に関する情報発信をするなどの工夫を行っております。

開院前から当クリニックの理念を中待合室に掲示しております。私の初志がこの理念の中に芽吹き、クリニック内に広く浸透してきていることを実感するときが最高の気分です。

思えば開業というのは確かに一大イベントでした。
勤務医時代にはそれがファイナルイベントのように感じたこともありました。
ただそれが人生の終着地ではなく、人生の次のステップのひとつに過ぎなかったのです。

日々更新される医療技術への対応・経営者としての修養・そして家庭では1児の父として。

次のステップに向けて当院が更に地域の皆さまから信頼されるような体制を整えてまいりたいと思います。

まだまだ若い医院ではありますが、幼少期を過ごしたここ西宮の地で、これまでの経験を活かし、暖かくて人間味のある、わかりやすい診療を行ってゆきたいと考えています。 スタッフ一同、皆様の安心と信頼を得られる医療を目指して努力してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

与えられた素晴らしい人生に感謝しつつ、
さあ目標に向かってたゆまず進もう。一歩一歩。

梅岡耳鼻咽喉科クリニック 院長梅岡比俊