アレルギー診療

当院では、日本アレルギー学会の診療ガイドラインを基本としてお子さんの状態や保護者の方のお考えも踏まえつつ、ご相談しながら治療を行っていきたいと考えております。

①アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の治療は「ぬり薬による治療」と「増悪因子への対策」「スキンケア」が重要です。
ぬり薬に関しては保湿剤だけではなく、ステロイド外用薬等の炎症を抑える治療が重要となります。

増悪因子(悪化の原因となるもの)への予防対策、必要に応じてステロイドを仕様しながらしっかりと炎症を抑え、悪化を防ぐスキンケアを行えるようお子さんの症状に応じて適切に管理することを目指していきます。

②食物アレルギー

食物アレルギーはアレルゲンの特定を行い、発育や栄養学的に問題が生じる事のないよう必要最小限の除去食を行うことが原則です。
当院のアレルゲン特定の方法は、問診で原因植物の候補を検討し、必要に応じて個々の食物に対するアレルギー血液検査(血中lgE測定等)を行います。そして必要な方には食物抗原除去負荷試験をお勧めします。
現在、確定診断にはこの食物抗原負荷試験が必要ですが、保護者の方のご意向や除去食療法の必要性も踏まえて提案していきます。
また、進歩しつつある検査も取り入れていくことにより、お子さんのリスクに配慮したより安全性の高い治療を心掛けていきます。

③気管支喘息

気道の炎症の抑制を重視して、治療を行っていきます。
過剰な治療にも治療不足にならないように、ステップアップ・ステップダウンを適切に行っていきたいと考えています。
気管支喘息への対策は、必要最小限の努力で大きな効果が得られる方法を模索しながら、なるべく容易に続けることが出来る方法によって、お子さんが日常生活を差し支えなく普通に過ごしていただけることを目指していきます。

④アレルギー性鼻炎

アレルゲン対策・抗アレルギー薬・ステロイド点鼻薬で治療します。
また、12歳(中学生)以上で舌下免疫療法を希望される方はご相談ください。