「アトピー性皮膚炎」

原因

アトピー性皮膚炎・アトピー性皮膚炎の発症原因として、最も重要とされているのは遺伝的素因です。他には食物抗原(卵、牛乳など)、吸入抗原(ダニなど)、環境因子(温度、湿度、大気汚染など)、心理的要因、これらが複雑にからみ合って発症に至ると考えられています。
しかし、詳細な発症機序に関しては分かっていないのが現状です。子どもの約15%20%の割合でアレルギー疾患を発症すると言われています。ですが、成長と共に症状が軽くなっていくことが多いのが特徴でもあります。

・お子さんがアトピーの素因を持つかどうかは、両親から受け継がれる遺伝子によって決まります。その為、両親がアレルギー素因を持っておられる場合は、お子さんがアトピー性皮膚炎になる可能性は高くなります。
またアトピー素因は、アトピー性皮膚炎のみならず、他に気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎の症状もひきおこすこともあります。

・慢性のアトピー性皮膚炎の原因には、乾燥肌による敏感肌にアトピー素因が重なって発症することがほとんどです。その為乳幼児はとくに、皮膚が薄く皮脂も少ないといった敏感肌の為、食物アレルギーが関係していることもありますので注意しましょう。

症状

・かゆみを伴う湿疹が乳幼児では頭皮・頭・関節・耳を中心に、学童になると関節部中心に全身に現れます。良くなったり悪くなったりを繰り返し、簡単には改善しないのが特徴です。

・診断基準としては、乳児期では2カ月以上、幼児期は6カ月以上湿疹が出ている状態で、アトピー性皮膚炎と診断されます。乳児湿疹、脂漏性湿疹、あせも、とびひなどの湿疹は、一時だけの湿疹の為、アトピー性皮膚炎ではありません。

・じゅくじゅくの湿疹は、良くなったり悪くなったりを繰り返します。症状が長引くとささくれたって皮がむけたり、皮膚そのものがゾウのようにごわごわと硬くなってしまうこともあります。

治療

アトピ-性皮膚炎の治療は、大きく3つに分かれます。

1:保湿剤等によるスキンケア

保湿剤にはいろいろな種類があるので、自分に適した保湿剤を選択することが重要です。

2:抗原除去療法

乳児期では、主に食物抗原除去を行います。離乳食開始頃(5カ月頃)食物抗原の有無をチェックし、お肌の状態などとあわせて抗原除去などの指導もしていきます。
幼児期では、吸入抗原除去、ダニ対策には特に注意が必要です。ただ、ダニ対策を積極的に行っても、完全に防ぐことは難しいです。その為、幼児期に発症したアトピ-性皮膚炎は、難治性になる確率が高くなります。

3:薬物療法

アトピー性皮膚炎薬物療法は、外用剤と内服薬の治療となります。保湿剤とステロイド外用剤で患者さんそれぞれに合った治療をします。
ステロイド外用剤も正しい使い方をすれば怖い薬ではありません。正しいステロイド外用剤使用と保湿でがんばっていきましょう。

内服薬は主に抗アレルギー剤になります。服用することで抗アレルギー効果だけでなく、かゆみの軽減効果も期待できます。

ご家庭での予防法

アトピー性皮膚炎は、常日頃から炎症の悪化を防ぐための予防対策も必要です。

ダニ及びカビ対策としては以下のようなところが重要ポイントです。

  1. 清掃及び換気の徹底
  2. 布団干し
  3. じゅうたん、カ-ペット、ソファを使用しない。

また、日常生活上の注意点として以下のようなところが重要ポイントです。

  1. ⑴ 毎日入浴をする
  2. ⑵ 長時間紫外線を浴びない
  3. ⑶ 症状が悪化している時の砂遊びやプール遊びは避ける
  4. ⑷ 爪をまめに切る
  5. ⑸ 汗は早くシャワーで流す(夏場は特に)
  6. ⑹ 保湿剤塗布でスキンケアする