「発疹」

原因

発疹とは、身体の表面にできる、目に見える変化の総称です。子どもは大人と違って様々な発疹が生じ、主にウィルスや細菌による感染症や、アレルギーによるもの、血液の病気が主な原因となって症状をひき起こします。

発疹の原因を診断するには、「発熱」が重要な手がかりとなります。 発疹の原因を診断するには、「発熱」が重要な手がかりとなります。
ウィルスや細菌による”感染する病気”の発疹(はしか・風疹・突発性発疹・水ぼうそう)は、発熱を伴うのが一般的ですが、アレルギーによるもの(じんま疹・アトピー性皮膚炎)は発熱が見られません。

ただし、発疹の原因を判断するには専門的知識が必要なので、医師に経過を診せるようにしてください。

症状

発疹は様々な病気が原因となって、症状をひき起こします。

病名 症状
はしか 熱が一度下がり再度上ってから、全身に発疹が出る。
風疹 発熱と小さな発疹がある。
突発性発疹 数日にわたって高熱が出た後、熱が下がると発疹がでる。
水ぼうそう 微熱がでると赤いブツブツが出始めて、半日経過すると、とてもかゆい水ぶくれに変化する。
手足口病 発熱がでると、手や足・口の中に発疹がでる。
りんご病 身体全体、特にほっぺたや・太ももを中心に赤いレースのような発疹がでる。
溶連菌感染症 高熱・強いのどの痛み・吐き気など全身に症状がでたあとに、全身に小さな発疹がでて、いちご舌もでることがある。
川崎病 高熱・目の充血・いちご舌など共に、発疹が出る。

これらの病気は感染症によるものがほとんどで、危険な病気や、溶連菌感染症など合併症や後遺症をひき起こす心配な病気もあるので、すみやかに小児科に受診して下さい。