「溶連菌感染症」

原因

のどの痛みや発熱からはじまり、扁桃に細菌が感染し発症します。のどの痛みや発熱からはじまり、扁桃に細菌が感染し発症します。

 

 

 


症状

のどの痛みや発熱だけではなく、全身に細かい発疹ができたり、胃腸炎の症状が起きることもあります。

治療

治療法として、抗生物質を7日~10日間内服します。元気になったからと途中でやめてしまうと、蛋白尿・血尿といった腎炎を引き起こしたり合併症を起こすので、必ず医師の指示通り最後まで内服しましょう。