西宮駅前梅岡耳鼻咽喉科クリニック
パソコン予約
アクセス
携帯サイト
採用情報
睡眠時無呼吸症候群専用サイト
レーザー治療
メディア掲載
院長ブログ
facebook

補聴器

補聴器

補聴器について

普通の声が聞き取りにくい方から大きな声でも聞き取りにくい難聴の方を対象に、聴力検査等で現在の状態を把握した上で、補聴器の必要性があるのか、適応があるのかを判断します。

補聴器が初めての方では、まず補聴器の装用による効果の有無を判定し、効果があれば、補聴器のスムーズな装用に向けて最適な補聴器の選択、調整、装用 指導を行っています。

補聴器もメガネと同じで自分の聴力にあった補聴器を作らなければ意味がありません。また、中耳炎などの病気がないか確認することも重要です。

デジタル化によって補聴器の性能は革新的に向上したものの、補聴器はまだまだ万能の器械という訳ではありません。

補聴器特有の聴こえかた、というものがあり、それに対して自分自身が慣れて頂くことが大切かと思います。(また、これまでに慣れていた自分の声も変に聞こえる場合もあります。)
よってこの点についてはメガネと違い、作成をしてすぐ良く聞こえるというわけではありません。補聴器を作成するには幾度かの調整が必要になるために数週間を要します。

補聴器を試験的に使用して頂き、試聴してもらい、気に入っていただき、良いと思えればそれを使って頂ければと思います。補聴器を考えられている方、現在使用中の補聴器に満足されていない方はお気軽にご相談ください。

補聴器の種類と特徴

補聴器は主な種類は3つです。(耳あな型・耳かけ型・ポケット型) 聴力測定を行い、その結果にあわせて補聴器を選定・調整し、ご使用いただきます。

耳あな形

耳の穴のなかに入る小さな補聴器です。 軽度難聴から高度難聴までご使用いただけます。 耳型を採って作成するものが一般的で、注文から完成まで10日ほどかかります。 耳にぴったり納まり、形状が小さいので目立ちにくいです。 耳から水が出る場合は使用できません。

補聴器
補聴器

耳かけ形

耳たぶの後ろにかけて装着します。
軽度難聴から重度難聴までご使用いただけます。
形状の大きなものから小さなものまで種類が豊富です。
小さなものは耳たぶの後ろに隠れて目立ちません。
夏場は汗による故障の可能性が他の種類に比べて大きいです。

耳かけ形 補聴器
耳かけ形 補聴器
耳かけ形 補聴器

ポケット型

ポケット型 補聴器本体をポケット等に入れ、イヤホンを耳に装着して使用します。中等度難聴から重度難聴までご使用いただけます。形状が大きいので、スイッチやボリュームが大きく操作がしやすいです。 その反面、目立ちやすく、コードが邪魔になりやすいです。 衣服の衣擦れの音も拾いやすいです。

ポケット型 補聴器
ポケット型 補聴器