西宮駅前梅岡耳鼻咽喉科クリニック
パソコン予約
アクセス
携帯サイト
採用情報
睡眠時無呼吸症候群専用サイト
レーザー治療
メディア掲載
院長ブログ
facebook

鼻血

鼻血

鼻血の症状

鼻血鼻の中は粘膜で覆われていて、多くの血管が走行しています。その血管が何らかの原因で傷がついて、鼻血となって出てくるわけです。のどに流れ込んだ血を飲み込むと吐き気が強くなるので、口からはき出すようにしてください。

特に子どもの鼻血は、日常しばしばおこる症状です。しかし成人に比べ、背景に白血病などの大きな病気があることは稀です。小児で一番多い原因は、アレルギー性鼻炎や急性鼻炎、副鼻腔炎などの鼻の病気があり、はなみずの刺激でかゆいために鼻の入口を指でいじることで生じます。しっかり治療をすれば特に心配の少ないものです。

鼻血の原因

左右の鼻のしきりである鼻中隔(鼻筋のところ)の前の部分が傷ついておこることが最も多く、約80%以上はここからの出血です。鼻かぜやアレルギー性鼻炎をおこしているときは、鼻の粘膜が充血し、さらに強く鼻をかんだり、直接指で触ったりすることでこの部位が傷つきやすくなります。また、日ごろから鼻のあなに指を入れる癖のある幼児は、この部位に傷ができやすくなります。 
その他、鼻の打撲・骨折、鼻中隔湾曲症が原因で鼻出血がおこることがあります。

成人では、鼻腔腫瘍、上顎がん、鼻とのどの間にある上咽頭にできた腫揚などが原因で鼻血がおこりますが頻度は多くありません。血友病などの血液の病気、高血圧、肝臓病などで鼻血がおこることがあります。
その他持病で血をサラサラにする薬(ワーファリン・アスピリン・パナルジンなど)を服用中の方は血が固まりにくくなっていますので、不意に出血をすることがあります。

鼻血の対処法

出血している鼻の穴に少し大きめの綿球を入れ、両方の鼻孔をつまむように指でしばらく押さえておくようにします。座って頭部を高くし、くびを前屈しておきましょう。

ときに出血部位を電気凝固(レーザー治療)したり、タンポンガーゼを挿入して止血することもあります。 そして原因に応じた内服治療が必要となることもあります。