西宮駅前梅岡耳鼻咽喉科クリニック
パソコン予約
アクセス
携帯サイト
採用情報
睡眠時無呼吸症候群専用サイト
レーザー治療
メディア掲載
院長ブログ
facebook

のどの異常感・声のかすれ

のどの異常感

のどの異常感とは

正常咽頭のどがつかえる感じ、違和感、異物感、圧迫感、腫れた感じ、イガイガ、ヒリヒリ等。
のどの異常感は様々な形で表現されます。

扁桃炎や咽喉頭炎、気管支炎など、よくあるのどの病気から、声帯ポリープや悪性腫瘍、ぜんそく、アレルギーが関連している場合もあります。また脳・脳神経の変性疾患や腫瘍などで、のどの感覚異常・運動障害が生ずることがあります。

原因は様々であり、場合によっては症状が重い病気のシグナルになることがあります。

症状

のどに異物感を感じたり、イガイガ感、ヒリヒリ感、つかえる感じなど、原因やそれぞれの方の感じ方によって症状は様々です。

こうして治療してゆきます

のどの違和感は、大きく分けると、

  • のどに腫瘍などがある場合
  • のどの炎症で起こる場合

があります。
それらを見つけるために、まずは電子ファイバースコープや超音波エコーの検査などでのどの状態を確認し、原因を探ります。
のどのかすれ
そういう検査でできものが無いと確認された場合には炎症性のものか、心因性のものが考えられます。
治療は原因に応じて様々ですが、早期発見、早期治療が一番です。

最近、のどの違和感・痛みを訴えて来院される方が増えています。ストレス性にのどに違和感を感じるケースもありますが、一度専門医に診てもらい診断を受ける必要があります。

声のかすれ

声のかすれとは

のどには喉頭(こうとう)という器官があります。喉頭には声帯があり、息を吸うときには声帯が開き、発声のときには声帯が閉じて息を吐く時の圧力を利用して振動することにより声が出るようになっています。右の画像は正常な声帯です。この声帯に以上が起こると、声がかすれてきます。

症状

しわがれ声、がらがら声、弱々しい声などの音声になる状態で、風邪からくる声帯の炎症や、歌手や学校の先生など声をよく使う職業に多い声帯ポリープや、喫煙による喉頭ガンが原因であったり、甲状腺癌による神経麻痺や、声帯萎縮という年齢変化が原因のこともあります。

風邪からくる声帯の炎症などの場合は声を出さずに安静にしておけば、風邪の治りと共に数日で回復しますが、声帯結節や声帯ポリープ、喉頭ガンなどが原因の場合は長期に声のかすれが続きます。
風邪のような症状もなく数週間経っても声がもどらないようであれば、耳鼻咽喉科を受診されるようにしてください。

声のかすれの原因となる病気

声帯ポリープ

歌手や学校の先生など声をよく使う職業に多い病気です。声は声帯を閉じてふるわせることで発声するのですが、声を使う頻度が高いと、声帯の一部分にだけ負担がかかり、いわゆる“ペンダコ”のように、声帯にポリープができます。初期治療で内服及び、発声を控えることで改善しますが、慢性化すると手術が必要となることもあります。

声帯結節

両方の声帯の前1/3に小さなポリープができます。
幼児の声枯れはこの原因であることが多く、スポーツで声を出す機会が多かったり、歌の習い事をしているお子さんによく見られます。

反回神経麻痺(喉頭麻痺)

のどの声帯を支配する神経はのどの中を複雑に支配しております。その神経になんらかのダメージが出ると、声帯は動きがなくなってしまい、声がかすれます。ここでの声枯れは空気が抜けてスカスカした感じの声になります。

声帯委縮

声帯は筋肉と粘膜から構成されますが、加齢により、身体の筋肉が細くなるように、声帯も細くなってきます。
細くなると本来の発声よりはよわよわしい声になります。手術で声帯内に脂肪注入することで、声の改善を試みる場合もあります。これもファイバー検査にて診断できます。

喉頭癌

喉頭癌は、耳鼻咽喉科領域の中では最も発生率の高い癌です。女性よりも男性に圧倒的に多く、原因のひとつとして、たばこやお酒との関連性が高いためとみられています。特にたばことの相関性は高く、ヘビースモーカーの方は要注意の病気といえるでしょう。
症状は、声のかすれを生じることが多く、かすれ声が2週間以上続く場合は、注意が必要です。また進行するとものを飲みこんだり呼吸をするのが困難になります。ときに、癌がリンパ節に転移して首にしこりが生じ、他の症状より先にそのしこりに気づくこともあります。

こうして治療してゆきます

まずその声のかすれの原因が何かを見極める必要があります。
耳鼻咽喉科では、喉頭内視鏡鏡(ファイバーカメラ)によって声帯の観察を行い、実際に発声をさせることによってその原因を見つけます。

治療としては、吸入や投薬による保存的治療、声の出し方を指導する声のリハビリテーション(腹式呼吸法)、手術等の方法があり、このような方法を組み合わせて治療を行っています。